子供のこと

【必須アイテム!】2歳児と石垣島で海遊びをより満喫するための持ち物

2歳の子供と海遊びを満喫するぞ!
erika
erika
石垣島に移住して9年目の2児ママ*erika(@erikalife4)です

2歳くらいの子どもがいると、なにかと持ち物が多くなりがちですよね。旅行だとなおさらのことだと思います。「これも使うかな?あれも使うかな?」といろいろと準備したわりには、実際に必要なものが足りなかったり、「あれももって来ればよかった~!」と後悔したことはありませんか?

わたしも子どもがまだ小さくて海に行く回数が少ないころは、毎回持ち物のことで後悔していました。しかし、何度も海に行くようになり、要領よく持ち物を準備できるようになった現在のわたしが思うことは、最低限の荷物さえあれば、子どもは海と砂浜で自由にあそんでくれるということです(*´▽`*)

今回は、海あそびを十分に楽しめるように、子連れママの必須アイテムをご紹介しますね!

この記事はこんな方におすすめ

・2歳児が石垣島の海でなにが必要かわからない。
・子連れで海に行くのが初めて。
・せっかくの海あそびなので後悔せずに楽しみたい!

子連れで海にいくときに、まず初めにすること

カンカん照りの暑い日や、風がつよくて肌寒く感じる日など、自然が多い石垣島の天候はとても変わりやすくなっています。まずは、おとなも子どもも快適に休める”居場所”をつくることが大切です。

海であそぶ前に、日陰の休める場所を確保する

日差しがつよい石垣島のビーチでは、日陰はとても大切です!
なにもせずにただ座っているだけだとしても、日差しにさらされていると、どんどん体力が奪われてしまいます。体力と同時に体の水分も奪われてしまいますので、まずは日陰でゆっくり休める場所を確保することが重要になります(*´ω`*)

整備されていて、パラソルがレンタル出来るビーチに行く人が多いかもしれませんが、もしそうではない自然のビーチに行こうと考え中ならすこし荷物にはなりますが、ポップアップテントがあればとても重宝することでしょう(^^)/

スポンサー検索

海遊びのときの服装!石垣島でビキニや海パン一丁は危険!

小さいこどものビキニ姿や海パン一丁の姿は、親にとって、たまらないくらい可愛いものですよね(*´▽`*)しかし、石垣島でビキニ姿や海パン一丁の姿などの露出が多い格好で海遊びをするのは、非常に危険です!!なにが危険かというと、それは紫外線熱中症です((+_+))

子どもに危険な思いをさせないためにも、ぜひ参考にしてください!

石垣島の紫外線の強さは、本州の3~4倍!?

よく、「石垣島で小麦色に焼けるぞー(^^)」と言って、肌の露出度が高い人を見かけますが、石垣島の紫外線の強さは本州の3~4倍もになることをご存知でしょうか?

3~9月のとくに紫外線がつよくなる時期は、石垣島でなにも紫外線ん対策をせずに太陽を浴びていると、”小麦色”どころか、真っ赤にやけどをするか、もしくは真っ黒焦げになります(゜o゜)

そのため、強い紫外線から繊細な子どもの肌を守ることはとても大切です!

海遊びをするときの、子供の服装と靴

まず、水着の上には長袖のラッシュガード、そして頭には帽子をかぶることが必須です!

できればマリンシューズもはかせてあげると、より安心して海であそぶことができると思います。

その理由は、石垣島の海はサンゴがとても多いということは知っていますか?サンゴは海水をきれいにしてくれたり、見る人の心を癒してくれたりと、とても大切なものなのですが、その上を歩くととても痛いです。。子どもだと足を切ってしまう可能性もあるので、マリンシューズをはかせてあげてると、おとなも安心して楽しめますよ♪

忘れないで!子供にも日焼け止めが必要!

「真っ赤に日焼けし、痛くて泣いちゃう」なんてことがないようにしたいですよね( ノД`)

せっかく石垣島のきれいな海でたのしい思い出が出来たのに、そのあとのヒリヒリする日焼けの痛みを味わうのはつらいです。その痛い思いを子どもさせてしまうと、痛みのせいで愚図ってしまったり、守ってあげれなかった親としても申し訳ない気持ちになりますよね。

そんな思いをさせないためにも、そして最後まで楽しい思い出をつくるためにも、しっかりと肌に合う日焼け止めをつけて、子どもの繊細な肌をまもってあげてください(*´ω`*)

スポンサー検索

子どもが夢中になる、海遊びのアイテム

「海でうきわはまちがいなく必須アイテム!」と思い我が家もいつも持参していますが、イヤイヤ期でもある2歳になる息子は「うきわイヤ!抱っこ!!」と言って使ったことはありません。

その代わりに、水鉄砲と砂あそびの道具は夢中になってあそんでくれます(*´▽`*)一緒にトンネルをつくったり、海水で川をつくったりするのもいいですよね。こちらは石垣島にあるダイソーやホームセンターでも簡単に手に入りますので、海に行くと決めているなら事前に立ち寄って購入するといいですね。

あとは、キレイでかわいい貝やサンゴのかけらもたくさんあると思うので、子どもと一緒に集めるのも我が家では定番の海あそびです♡ビーチによっては、シーガラスも拾うことができるので、持ち帰ってフォトフレームなどをつくるのも楽しいですよ♪

スポンサー検索

子連れで忘れてはならない持ち物

ここまで、場所を確保するためのアイテムやあそび道具をご紹介しましたが、あとすこし必要なものがありますよね!
たくさん遊ぶとどうしてもお腹がすきます。そして、水分補給も大切。

我が家がいつも、海にもって行く飲食物はパンやおやつ、そしてゼリーもぷるんとして食べやすいので子どもは大喜びです(*’▽’)(※対策をするならOKですが溶けてしまう、チョコやアイスは避ける)

あとは、飲む用ではない!!実は海ではこれがとても役にたちます(^^)/2ℓのペットボトルの量があれば、子どもの手を洗ったり砂を流したいときにとても便利です。「2ℓももって行くのは、重いなぁ…」という場合は500mlでもいいです。

スポンサー検索

子どもと一緒に、親も満喫するために欲しいアイテム

より子どもと一緒に楽しい時間を過ごすために、前回海へ行ったときに欲しいと思ったアイテムがありますので参考までにご紹介します。

それは、海の中をのぞける水中バケツです(^^)/
石垣島の海は小さな魚がいたり、サンゴがあるのですがその海の中の世界を子どもにも見せてあげたいと思っています。空気を入れて膨らますタイプのものだど場所も取らず、便利なのでぜひ次回の海遊びまでにゲットしたいです。

まとめ

必要なアイテム

日陰に居場所をつくるためのアイテム
 (パラソルがない場所なら、ポップアップテントなど)

強い紫外線から繊細な子どもの肌を守るためのアイテム
 (ラッシュガード、帽子、マリンシューズ、子ども用日焼け止めなど)

子どもが楽しめるアイテム
 (水鉄砲、砂あそび道具など)

食欲と水分補給のためのアイテム
 (パン、おやつ、ゼリー、飲み物)

その他
 (砂や潮水を洗い流すようの水)

今回は、石垣島で2人の子どもを育てているわたし自身が子連れで海へ行ったときの経験をもとにお伝えさせていただきました!海あそびはとても楽しいですが、暑い中2歳の子どもを連れていくとなると親も体力が必要になります。この記事を参考にすることで、すこしでも快適に楽しめることを願っています。

ぜひ石垣島のきれいな海で子どもと貴重な思い出をつくるためにお役立てください♡

ABOUT ME
erika
30代突入*毎日子育てに奮闘中(°´ ˘ `°)