紫外線のこと

【紫外線】見落としがちな唇や髪の毛、目への影響と対策についてまとめました!

erika.
erika.
ご覧いただきありがとうございます♡

4月ももう目前まで近づいてきました( ・ᴗ・ )
(※今は3月末です)

 

あと1ヶ月でG.Wのはじまりですね!

 

G.WはBBQやリゾート旅行など外に出る機会が多いとおもいます。

 

あなたは夏、海に行ったかえりに「くちびるが痛い!?」と感じたり、

 

翌日に「髪の毛がバシバシする…」と感じたことはありませんか?

 

わたしが肌以外で、1番に紫外線の影響を感じるのは毎回くちびるです。

 

前回の記事で肌への紫外線対策の方法をお伝えしましたが

 

実は、肌以外にもくちびるや髪の毛、そして目も紫外線の影響を受けているんです。

 

今回はそれぞれの部分への影響や対策についてお伝えしますね。

https://4tsuba-no-clover.com/%E7%B4%AB%E5%A4%96%E7%B7%9A%E3%81%AE%E5%AF%BE%E7%AD%96%E6%96%B9%E6%B3%95

唇への紫外線の影響

くちびるは角質層がうすく、とてもデリケートな部分です。

 

肌の新陳代謝(生まれ変わり)が約28日なのに対してくちびるは約3日!

 

そのためお手入れの効果がとてもあらわれやすいのです。

角質層がうすいため真皮の線維細胞(コラーゲン、エラスチン)にダメージを受けてしまいます。

 

ダメージを受けた状態のまま放っておくと、かさついたり、縦ジワが目立ったり老けた印象になってしまったり。

 

紫外線ダメージが蓄積されると将来的には唇の老化が加速してしまいます。

 

そうならないように、しっかりとくちびるの紫外線対策とアフターケアをしていきましょう(*´ω`*)

【手軽にできる】簡単な唇の紫外線対策!

くちびるの紫外線対策はとてもかんたんです。

 

リップクリームをUVカットの効果があるものを使うだけです。

 

日常的にリップクリームを使っているかたは多いですよね。

 

市販でも多くの種類が販売れているので、まだUVカット効果のあるリップクリームを持っていないかたは店頭でも探してみてください☆

 

わたしは、くちびるにも紫外線対策が必要だと知ってから

 

海にいくときや、外で長時間すごすときは必ず、UVカットのリップクリームをつけるようにしています。

 

すると、毎回くちびるが痛くなったり翌日には皮がめくれていたのがうそのように、痛くなることはなくなりました。

~アフターケア~ 効果的な唇の保湿方法

①保湿効果の高いリップクリームを選ぶ。

 

②くちびるを「い」と言うときの形にして全体的にぬる。

 

③縦ジワに沿うように、縦にぬる。

 

④くちびるの輪郭より1㎜ほど外側にもぬる。

スポンサー検索

髪の毛への紫外線の影響

髪は、指どおりも、触り心地も普段とはちがってくるので紫外線ダメージをうけたことに気づくかたは多いとおもいます。

 

とくにプールや海水浴など、髪が濡れた状態で紫外線を浴びるとダメージは大きくなります。

 

髪にとってこわいのはUVBです!

https://4tsuba-no-clover.com/%E7%B4%AB%E5%A4%96%E7%B7%9A%EF%BC%81%E4%BB%8A%E5%B9%B4%E3%82%82%E7%B4%AB%E5%A4%96%E7%B7%9A%E3%81%AB%E3%81%AF%E8%B2%A0%E3%81%91%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%9E%EF%BC%81%EF%BC%81

メラニン色素を分解するので髪の色が変わったり、活性酸素の影響でキューティクルが日ひび割れてしまったり。。。

 

髪は顔の5倍以上も紫外線ダメージを受けています。

 

女性にとっては肌と同じくらい髪の美しさも大切ですよね。

【一石二鳥】ケアもしながら、髪の毛の紫外線対策 !

こちらも対策はかんたんです。

 

帽子をかぶるかたは髪の毛をすべてまとめて帽子のなかに入れるだけ。

 

もしくは髪の毛用の日焼け止めがあります。

 

スプレータイプで髪の毛にかけるもの、ヘアオイルやヘアクリームにUVカットの効果がはいっているもの。

 

こちらをつかうと紫外線予防をしながら、髪の毛のケアもできるので一石二鳥ですね(*´꒳`*)

 

また、髪をまとめるだけでも効果があります。髪の表面積を小さくしておくだけなので誰でも手軽にできる紫外線対策ですよね☆

~アフターケア~ 髪の毛編

紫外線をうけた髪はキューティクルがはがれ、水分がなくなっている状態です。

 

そのため、疑似キューティクルを作れるトリートメントや保湿力の高いトリートメントでケアしましょう。

 

また、紫外線対策にはビタミンEが有効と言われています。

 

なので、ビタミンEが多くはいっているトリートメントを選ぶことも大切です(*´▽`*)

スポンサー検索

目への紫外線の影響

紫外線は目からも侵入してきます。

 

①眼球自体が影響をうけて場合。

 

②目から侵入して、脳が反応してメラニンを作るように細胞に命令をしてしまう場合。

 

どちらもこわいですよね(゜o゜)

 

まずは①からお伝えしますね。

 

角膜に紫外線が当たると、角膜が炎症を起こして

・強い目の痛み
・充血
・まぶしく感じる
・異物感
・涙が止まらない 
・乾燥

などの症状を感じることが多いです。

 

さらにその様なダメージを受けつづければダメージは蓄積され、目の細胞を破壊してしまうのです。。

 

想像するだけでこわいですよね( ;∀;)

 

そして②について。

 

目が日焼けをすると実は、肌も日焼けをします。

 

角膜が、紫外線を吸収すると脳に「メラニン色素を作れー!」と指令を出すからです。

 

いくら肌の紫外線対策をしていても、目が無防備なままだとその効果は半減してしまうのです。

【早速実践】薄色のサングラスで、目の紫外線対策!

目の紫外線対策にはサングラスを使用したり、帽子をかぶることが効果的です。

 

サングラスはUVカット効果があるものか、

 

もしUVカットの効果がないのであれば色は薄いものがいいでしょう!

 

目は暗くなるほど、瞳孔がひらくようになっています。

 

そのため、色が濃くてUVカット効果のないサングラス使用すると瞳孔がおおきく開き、紫外線の影響をより多くうけてしまうのです。

~アフターケア~  目について

ここまでお伝えしてきたくちびるや髪の毛と同じように、目も、紫外線を浴びることで乾燥してしまします。

 

そのため、目薬などで水分補給してあげることが大切です(*´Д`)

 

体は紫外線を浴びることで免疫力を向上させるビタミンDを作りだします。

 

そのため、【美容】にとっては日焼けをする、紫外線は大敵ですが【健康】にとっては良い影響ももあるのです。

 

しかし、目にとっては紫外線がいい影響をもたらすことはありません。

 

そういうことなので、これからも、大切な目をしっかり守ってあげてください。

スポンサー検索

まとめ

肌だけでなく、見落としがちだけどとても大切な唇、髪の毛そして目への紫外線の影響などについてお伝えさせていただきました。

 

肌を美しく保ちたい!というのはもちろんですが、

 

いくら肌が美しくてもくちびるや髪の毛などが老けた印象であっては、せっかくのあなたの美しさが半減していしまいます。

 

これから、本格的に紫外線の影響を浴びることが増えるとおもいますので

 

しっかりと美しさを保ち、お子様にとっても、きれいで自慢のママでいてほしいと思います(^^♪

erika.

ABOUT ME
erika
30代突入*毎日子育てに奮闘中(°´ ˘ `°)