紫外線のこと

【紫外線】今年も紫外線には負けないために、紫外線についてお伝えします!

紫外線の種類についてお伝えします!
erika.
erika.
アラサー主婦の南国日記をご覧いただきありがとうございます♡

3月になったばかりだというのに
毎日お昼は28℃になる石垣島に住んでいます(^^♪

「石垣島のことをあまり知らない」
という方でも、なんとなく

日本の南のほう?

沖縄でしょ?

牛が道を歩いてるんでしょ?

などのイメージをもっている方は多いかと思います。

あなたももし、
そんな風に思っているなら
大正解です!!

(ただ牛が道を歩いてるのは石垣島ではなく、
船で10分で行ける距離にある竹富島です(°▽°)w)

ほんとうに日本のはるか南のほう!

日本の本州に行くよりも、
台湾のほうが近いくらい
日本の南に位置する島なんです。

そのぶん海は、
とてもきれいで
大阪出身のわたしには移住当初、
信じられないくらいの透明度でした!

しかし、同時に
信じられないくらい暑いです(笑)

紫外線の強さは本土に比べて
3〜4倍くらいと言われています。

おそろしい( ;∀;)

今回は、
いまよりシミ・そばかすなどの原因である
メラニンを増やさないためにも、

そして肌年齢を若く保つためにも
紫外線についてお話しますね。

そもそも”紫外線”とはどのようなもの?

【紫外線】と聞くと、

日焼け

肌に良くない

などのイメージがあるかと思います。

【紫外線】と一言でいっても
実は種類があり、
それぞれ影響の出方が違います。

まずは、
はじめに紫外線の種類について
お話ししますね。

スポンサー検索

意外に知られていない、紫外線の種類について

あなたは【紫外線】は
3種類あることを知っていますか?

UVA、UVB、UVC

です。

この3種類のうちUVCはオゾン層のおかげで
地上まで届くことはないのですが
近年、問題になっている
オゾン層の破壊がすすむと
今後地上に届く危険性もある
こわい紫外線です。

しかし現在、日本では
ほとんどUVCの影響をうけることは
ないので

今回は、UVAとUVBについて
お話ししていきますね。

真皮層に影響する【UVA-長波長

地表にふりそそぐ紫外線の99%が
このUVAです。

こちらは肌の奥、真皮層まで届きます。
いわば肌の土台部分ですね。

この真皮層が紫外線の影響を受けると
肌の弾力が失われてしまい
老化を促進します( ゚Д゚)

ほかにも
表皮層にある細胞に
良い栄養が行き届きにくくなるため
肌細胞がどんどん
元気がなくなってしまいます。

土台部分の環境がよくないと
いずれ肌の表面にもシワやシミなど
さまざまな影響があらわれてきます。

家で例えると、
家が建っている地面の部分ですね。

この部分がしっかりしていないと
その上に建っている家も
一見するとなんでもないように
見えるかもしれませんが

いずれ傾いてきたり、
くずれてきたりしますよね!

肌も同じなんです

真夏に紫外線量がピークになる
UVBとは違い、
UVAのピークは4月〜9月です。

そのため
4月のお花見のころには

万全の紫外線対策が必要になるのです!

肌表面に影響する【UVB中波長

こちらは肌の表面に影響して
メラニンの生成を促進します。

いわゆる【日焼け】ですね。

UVBにたいしては
日焼け止めをつけたり、
帽子や長袖のものを
羽織るなどして
あなたも紫外線対策を
されているのではないかと
思います(*´Д`)

そして
おそらくこちらも知っていると
思いますが、

UVBは
7月〜9月にかけて
紫外線量がピークになります。

スポンサー検索

紫外線の種類による肌への影響の違い

紫外線=メラニンの生成
以外にも影響があるということを
おわかりいただけたでしょうか(*´ω`)

UVAとUVBをくらべてみて
この2つの紫外線をくらべてみて
あなたはどう感じましたか?

紫外線予防は夏になってから
すればいい!」
と思っている方は多いと思います。

10代のころはわたしもそう思っていました。

しかし
肌に、より影響を与えるUVAは
4月には強くなり、
5月にはピークは迎えます。

(※沖縄は3月ごろには
UVAのピークを迎えています)

ということで、さきほども
お話ししましたが
真夏のUVBだけでなく、

肌の土台部分を老化させてしまう
UVAから肌をまもるためには
おそくても4月には紫外線対策を
心がけてください!

さきほどもお話ししたように
UVAとUVBは影響を
あたえる層が違います。

UVAは土台部分の真皮層。

UVBは肌表面の表皮層。

それぞれに影響をあたえます。

なので、
UV対策やお手入れも
時期やどこの層に効果をとどけたいのか
意識すると
より効果的ですね!

スポンサー検索

まとめ

私はもともと色黒です。

高校生になったころから
夏だけ日焼け止めを
使うようになりましたが、

18歳で社会人になるでは
【肌のため、美白のため】
ではなくて

痛いのがイヤやから日焼け止めを塗る

という程度でした。

おかげで現在は
10代までにたくさんつくられて
肌の奥にひそんでいたメラニンたちが
肌表面に出てきはじめ、
この数年で一気にシミ・そばかすが増えました
( ;∀;)

(たまに化粧品カウンターなどで
肌のなかにひそむメラニンを
見てもらうと
目をそむけてしまうくらい
おそろしい光景を目の当たりにします
((+_+)))

あなたも将来の自分に
かなしい思いをさせないために
しっかりと紫外線対策をして

いつまでも透明感うるおい感のある
美しい肌を手に入れましょう!

さいごまで読んでいただきまして
ありがとうございました(*´▽`*)

erika.

ABOUT ME
erika
30代突入*毎日子育てに奮闘中(°´ ˘ `°)